クペリについて

代表あいさつ

子育てのことならクペリへ!
クペリといっしょに考えましょう

不登校やひきこもり、いじめや虐待、発達障がいや発達の遅れなど子どもや親子に重たく暗い問題がのしかかっています。けれども、その親子の立場に立って真正面に向き合い、状況に合わせて柔軟に対応していく機関はありません。親子の立場、子どもの立場に立って柔軟にサポートしていくのがクペリです。クペリパートナーは、教育や人生経験豊富で、ハートの温かい人ばかりです。私も幼稚園、中学校、高校での教員としての経験や取り組みを生かしていきたいと思います。その中から、幼児期の親子関係の重要性を痛切に感じ、“親育ち”“親子での育ち直し”に力を注いで来ましたし、クペリでも伝えていきたいと思います。親のための子育ての学校は世にありません。4人の子の親でもあり、自分の子育てのつまずきや失敗も交えながら一緒に考えていきたいと思います。子育てや教育のパートナーに加えていただき、親や先生が笑顔で子どもと向き合い、子どもたちが元気で輝き、明日の夢に向かっていくことを心より願っています。

松永 高弘

「角田メソッド」について

赤ちゃんから老人世代までのあらゆる世代の相談、事例援助経験をもとに、赤ちゃんは可愛がってもらうことで7つの発達課題を経験し、9歳頃からそれを客観視して大人になるという「二段階人格形成論」を構築しました。7つの発達課題と具体的な関わり方を提示しています。特に、3歳までに経験する乳幼児経験が生涯にわたる人格形成の基礎を培うものとして重要です。

もし、年相応の関わり方をしてもらえないと、問題行動や症状を現れます。その時、親や育ての親(次世代育成にたずさわる人)は、まず、子どもに適切な関わり方をしてこなかったことを謝ることです。同時に、自立した大人になることを視野に入れて、経験していない乳幼児体験を何歳からでも、経験させてあげることで人生をやり直すことができます。今から人格形成に取り組もうとする方法論です。クペリは、この考え方をベースにみなさんと一緒に子育てを見つめ直していきます。

角田メソッド構築者  角田春高