1日5分、親子で2人だけの時間を過ごしましょう

毎日忙しさの中で、あくせくして「忄:心」を「亡」ぼしてしまうことがよくあります。

特に仕事と家事育児とに携わっている方は、毎日が戦争であり、「早く~、早く~」のお尻たたき、「…しないで」のNO、「…しなさい」の命令の連発、挙句の果てには「いつも言っているでしょう」「どうしてあなたは~なの」「いいかげんにしなさい!」の怒りの爆発といった毎日を繰り返して自己嫌悪に陥ることを誰もが経験しています。

かわいくて大切な、かけがえのない子どものはずなのに、その子どものために働き、食事をつくり、生活をしているはずなのに、何でこんなことになってしまっているのだろうと落ち込んでしまいます。子どもも、大好きなお母さんがイライラし、ヒステリックになって笑顔も見せずに鬼のようになっている姿は目にしたくないでしょう。だからと言って時間の余裕も心のゆとりもないのです。

1日5分、「〇〇ちゃんタイム」を設けて、〇ちゃんとお母さんと2人だけの時間を過ごすだけでもずいぶん違います。ぜひ、お勧めします。

 今、コロナ対策ではありますが、家族が家で過ごす時間が多くなっていることは、親子にとってとても大事な時間だと言えます。

親子で遊びましょう、触れ合いましょう、話しましょう。

クペリも親子での室内遊びの動画を配信して応援しています。また、一緒に日向ぼっこしたり、草取りしたり、お掃除したり、絵本を読んだり…日常生活をともに過ごすこと自体に価値があるのです。

バラバラで過ごしていた家族・親子が、一緒に活動したり、行動して共有することによりしっくりとした関係になるのです。日頃、置き忘れていたことを思い起こし、取り戻す機会になりますよう願っています。