安藤大作

プロフィール

幼少期、両親と暮らせず、新聞配達などしながら、活動的な少年期を過ごす一方で精神的に孤独な日々を過ごす。援助を受けて大学進学。大学は、逆算思考と確信思考で、苦も無く1か月で偏差値15を上げて国立大学に現役合格。大学4年次、自らの存在価値に悩み、命を絶つことを考えるも、「自己分析ノート」で復活。人生の観方が激変する。
22歳、8畳一間で安藤塾を開塾。「勉強は楽しい、塾は楽しい、目標に向かう努力は本来楽しいはず」「遊び下手な子は本当に賢くはなれない」「みんな本当は無限の可能性を持っている」という信念と愛情あふれる指導で、個人塾が口コミだけで数年で300名を越えた。
その傍らで少年サッカーを指導。監督として全国大会に出場、県内屈指の強豪チームを毎年育て上げる。サッカーチームはその後、法人化してクラブチームを設立。道徳とスポーツの融合、スポーツを通した日本文化の発信を理念に活動。

安藤塾は、その後次々に展開。あわせて海外留学事業、人間塾事業、合宿事業、フリースクール、通信制高校サポート校を展開。
また、地元TV局の番組をプロデュース。FM局の帯番組「優しさの力」での子育て相談、住宅メーカーとの「頭と心が育つ家」の間取りのプロデュースなど、さまざまな発信に努める。31歳に自らデザインして新築した自宅が、三重県建築デザイン大賞を受賞する。
39歳で保育園を設立。42歳で2園目を設立。子どもの思い込みが形成される幼少期にアプローチする。また、小学生の人間力アップのために、自宅を開放して体験型学童クラブ「リンドバーグ」を設立。数年後2か所目を設立。これらはすべて安藤塾生OBや塾生の保護者の協力による。
また、親子のあり方についての講演が増える。43歳、(公社)日本PTA全国協議会の全国大会実行委員長、日本PTA全国協議会の副会長を務める。全国のPTA役員に「原点は親子である」と発信。
2013年、文部科学省「不登校に関する調査研究協力者会議」の委員を委嘱され、教育機会確保法成立に向けて議論。三重県内では数多くの諮問委員を委嘱される。
44歳、(公社)全国学習塾協会会長に就任。新たに全国の各塾団体をまとめる「全国塾コンソーシアム協議会」を設立し、代表を務める。3年後、全国の民間教育団体をまとめる「民間教育団体連絡協議会」を設立し、代表を務める。2019年経済産業省より「未来の教室とEdtech研究会」委員を委嘱される。
2012年には『欠けた心の磨きかた』(フォレスト出版)を出版。立て続けに他2冊を出版。
2013年には日本文化発信のための「日本画画廊 いせのもり」を伊勢神宮前で始める。
2018年、子どもの心の成長を描いた映画『あまのがわ』のサブプロデューサーを務め、自身も出演。東京国際映画祭特別作品賞を受賞。