花井忠征

プロフィール

愛知県豊橋市出身です。岐阜聖徳学園大学教育学部と中部大学現代教育学部に勤務し、大勢の幼小中学校教員、保育士を養成してきました。専門は、体育学、健康教育学です。健常な子どもや発達支援の必要な子どもの心とからだの成長発達や運動発達支援、生活習慣、対人関係(コミュニケーション)を主に研究しています。大学ではバスケットボール部の顧問を務め、東海学生1部リーグの選手の指導をしています。社会活動として、愛知県春日井市いじめ問題対策委員会委員長、小牧市スポーツ推進審議会委員などを務めています。1993年より愛知県を中心に活動するNPO法人某発達支援団体で発達障がいの子どもたちの支援活動に取り組んできました。2011年から2年間は、小牧市公立幼稚園・学校の「こどもこころの相談室」講師として発達支援の必要な子どもの対応に苦慮する教職員に対して巡回相談を行ってきました。また、愛知県私立幼稚園連盟の教員免許更新講習講師、園長主任研修会講師なども長年務めさせていただき、子どもの心とからだの問題を先生方と共に考えてきました。これらの経験は、クペリパートナーとしてお役に立てるのではないかと自負しています。

趣味は、スキーと熱帯魚飼育です。スキーは、趣味が高じて岐阜県スキー連盟教育部副部長、全日本スキー連盟公認指導員・A級検定員、日本体育協会公認スキー上級教師・指導員、全日本スキー連盟教育本部ブロック技術員などを務め、スキーの普及をしてきましたが、体力の衰えを感じ2019年度で引退しました。熱帯魚が泳ぐ水槽は、心穏やかになれる素晴らしい世界観がありますが、まだまだ極めるに至っていません。

クペリパートナーとして

教育学部の大学教員として子どもを取り巻く諸問題は敏感に察知し、教育に反映するとともに、教師・保育者の卵と一緒に悩み、考え、彼らの実践的指導力を培う取り組みをしてきました。また、いじめ対策委員や発達障がい児に寄り添う支援活動、指導に悩む教職員への巡回相談などの社会活動を通して、幼児から児童・生徒の心やからだ、不登校やいじめなどの問題にも深く携わってきました。これらの経験を活かして、クペリパートナーとして微力ながらお手伝いをさせていただけるのではないかと思っています。