水谷弘子

プロフィール

三重県伊賀市(旧上野市)出身です。忍者の末裔ではありませんが、伊賀市は松尾芭蕉が生まれ育った地でもありますので、小中学校時代の夏休みの宿題に毎年俳句10句が出されました。とても苦労しましたが、何かしら役に立っていると思っています。高校、大学と吹奏楽部で鍛えられ、特に高校時代は朝から晩まで運動部並みに練習があり、後一歩で全国大会の舞台に立てるところでした。

公立小学校の教員として、37年間小学生と共に過ごしました。全ての学年の担任を経験し、障害のあるお子さんの学級も2つの小学校で合わせて4年間担任しました。教頭を7年間、校長を4年間務め、担任とは違う視点で子どもや保護者の方と関わり寄り添ってきました。また、桑名市は幼稚園が小学校に併設されていたので(現在は、独立園です)、幼稚園児との関わりもあり、特に校長時代は幼稚園長も兼務していました。

退職後は、桑名市人権センターで、2年間調査研究員という仕事をさせていただき、人権や子育てについてお話をさせていただいたり、今の社会問題を調査したりしていました。現在は、今までの経験に基づいて初任教員の指導をしながら、子どもや教員に関わっています。

いつも「笑顔」と「ありがとう」を心掛け、子ども、保護者、教職員に関わってきました。クペリパートナーとして、相談される方が心を開いて安心してもらうためにも、そしてつながるためにも「笑顔」を大切にしています。

3人の子どもがいますが、みな社会人で遠方に住んでいます。紆余曲折あった子育ての経験は、今までの教育やクペリパートナーとしても役立っていて、子どもたちに感謝です。

美味しいものを食べることが大好きで、新しいお店の開拓のために情報を集めています。旅行に行きたい所はたくさんあるのですが、今は、映像の中で旅をしています。

クペリパートナーとして

小学校での教員や、3人の子どもの子育て経験により、幼児期から中学生まで対応します。障害のあるお子さんや、不登校などにも対応してきた経験も生かしています。また、校長・教頭として保護者の悩みや相談を聴き、一緒に考えてきたことや、親としての悩みや経験も相談に生かしています。