佐藤正倫

プロフィール

四日市市で保育園、小学校、中学校、高等学校を過ごし、日本体育大学で保健体育、玉川大学で数学の免許を取得しました。大学卒業後、中学校教師として、大阪府枚方市で2年間、三重県木曽岬村(現在:町)で5年間、四日市市で13年間、保健体育と数学の教師として過ごし、水泳部、バレーボール部、野球部の顧問として生徒と一緒に汗を流しました。

四日市市教育委員会指導課ではスクールカウンセラーの設置、いじめに関する指導の手引きの作成等に係りました。その関係で、京都大学教育学研究科附属臨床教育実践研究センター主催のリカレント教育講座に5回参加し教育相談の基礎や実践を学びました。また、進路指導関係では私立高校の調査書統一化や合否発表郵送化、県立高校の合格発表の郵送化、県立高校・私立高校の調査書のデータ化、三泗地区高校展の基盤づくりなどに努力しました。

最近は、三泗地区の小中学校の児童生徒や保護者、地域で、『夢や志の大切さ』について話をする機会が増えてきています。その中で、子どもたちの夢や思いをもっと大切にする必要があると強く思うようになってきました。また、地域の学童保育所の運営委委員、指導員として、子どもたちや保護者の方と接することで、いろいろな悩みや思いを持っていることを実感しています。

クペリパートナーとして

「できないことは頼まれない!」という言葉を信じて、頼まれごとは喜んで引き受けてきました。クぺリパートナーもすぐに引き受けました。いままでの実践や経験をもとに前向きに取り組みたいと思っています。