山内康彦

プロフィール

岐阜県の多治見市に生まれ、現在は可児市に住んでいます。岐阜大学教育学部では、保健体育と養護学校(現在の特別支援学校)の免許を取得しました。岐阜県の公立学校に20年間勤め義務教育9学年全てを担任した経験があります。その後、教育委員会へ行き、支援級か通常級か支援学校かを決める就学指導委員会の担当を勤めました。その後岐阜大学大学院教育学研究科を修了し、合わせて学校心理士とガイダンスカウンセラーの資格も取得しました。私立小学校勤務を経て、放課後等デイサービスや特別支援が必要な子が通う通信制高校などを経営する(株)サーバントの取締役となり、(一般社団法人)障がい児成長支援協会を立ち上げ、代表理事も勤めています。
特別支援は「できることからの出発」という恩師の言葉を大切にしながら、誰にでもやさしい教育をめざしています。今回クペリのお仲間に入れて頂き、より多くの方とつながっていくことができればよいと考えています。
性格は、おっちょこちょいでおおざっぱな面もありますが、目標に向かって一直線に頑張るやる気に満ちた性格です。美容師の息子であっただけにどなたにでも明るく話せる気さくなタイプです。
趣味は多彩です。スキーは指導員。手品は600以上のレパートリーをもっています。日本サッカー協会公認B級コーチや2級船舶の資格ももっています。海外のボランティアも積極的に行っています。カンボジアやベトナム、フィリピン、エジプト、中国など、年に一度は支援にでかけています。

クペリパートナーとして

小中学校の教員や教育委員会職員としての実績や経験により、幼児期から高校生まで対応します。特に発達障害や知的障害発達の対応経験はクペリで生かしていきたいと思っています。将来のために今何をすべきかを保護者の皆様などと考えて行くことができればよいと考えています。